中国はそれは資源の平和的発展」で南極が、ヒントを採掘しないであろうと言います

中国は北京が広大な大陸で採掘を開始する計画はないと言って、公式で、月曜日にミネラル豊富な南極の野心の懸念を払拭しようとしました。

中国極地での拡大活動北京は初めて南極条約の年次総会をホストとして焦点です。

42カ国と10台の国際機関からのいくつかの400名は、月曜日に開幕し、6月1日に終了フォーラムを、出席しました。

「南極の資源の平和的発展の目標と南極の我々の理解の間のギャップはまだありますが、」林Shanqing、国家海洋局の次長は、フォーラムの傍観者記者団に語りました。

林氏は、平和的な資源開発によって何を意味するのかについての質問に答えなかったが、彼は中国の南極遠征ことを強調した「南極の我々の理解を高め、より良い南極の環境を保全することに焦点を当てます。」

「私の知識によると、中国が南極での採掘活動のための計画を立てていない、」林が追加されました。

専門家は、中国が南極条約が現在禁じ大陸から資源を抽出する長期的な目標を保有懸念を提起しています。

しかし、大陸からの原料除去活動を禁止する条約のプロトコルは、2048年に審査に入ってきます。

大陸が将来、鉱業、石油・ガス掘削を含め、開発のリソースへのオープンスローされた場合にはヘッジ戦略 『「2048北京は、長期的に追求していることを提起離れて長い道のりのように思えるが...懸念がありました』 」マーク​​・ランティーン、マッセイ大学の中国の外交政策上の講師は、AFPに語りました。

「しかし、現在の中国では、その極性政策の科学的な側面を強調し、他の自治体との連携を促進し、それが南極の修正主義電力での懸念を払拭するために細心の注意を取って、」Lanteigneは語りました。

様々な国は、中国が1983年に入社1959年国際条約の下で南極、科学研究のための共有スペースに拠点を維持します。

中国は現在、大陸の4つの研究の駅があり、第五は、塩基の数で米国並みの中国を置くことになる、2019年に予定されています。

「北京で会議を開催することは、中国が南極業務での(新たな)目立つ位置の国際的な承認を獲得するための機会である、」アンヌ=マリー・ブレイディ、カンタベリー、ニュージーランドの大学で中国と極性政治の専門家は述べています。

中国は近い将来における既存の南極法への変更を求めていることはできません、ブレイディはAFPに語りました。

しかし、彼女は、彼らがされている注意「南極海での海洋保護地域のための提案に反対によって示されるように、保全対策を展開するには消極的。」


ポスト時間:月 - 23から2017
WhatsApp Online Chat !